炎の蜃気楼10 わだつみの楊貴妃(前編)

譲(ゆずる)の心配をよそに、留年が決定的となった高耶(たかや)。直江(なおえ)との関係もいっこうに良くならず、「おまえは、直江をなくすことになるぞ」という千秋(ちあき)の忠告にも耳を貸そうとしない。一方、直江と綾子は、闇戦国(やみせんごく)がらみの海難事故の調査のため、神戸に来ていた。毛利の村上水軍が、巨大な怨霊(おんりょう)の戦艦を作りあげようとしているらしい。そんな時、直江は、《力(りょく)》が使えなくなっていることに気づいた!